田斎さんのHP鑿鍛冶の独り言より
追入鑿の呼び方は新潟地方では昔、奴のみと呼んでおりましたが、
地方により「大入のみ」「押入のみ」「仕付のみ」などと呼ばれております。
この鑿の寸法と形状は私が年期明けの昭和33年頃、
親方より教えて頂いた形で、穂の部分は1寸8分5厘
首は1寸4分5厘で総丈3寸3分です。
そして、コバの部分は少し表面の方に少しコロバシ、
肩の形は、1升ビンの口下の様になで肩に作る。
首の鎬は、鎬が立って見えるようにヤスリをひねりながらかける。
鑿の基本はささりやすくて抜けやすいように作れとも言っておられました。
これが、「初代よし栄」から伝わる私達の流儀だと親方より聞いております。
現在この流れを伝えてるのは
三代目よし栄・二代目栄とし・そして私達親子です。