建築金物、大工道具、電動工具の激安ショップ
TOYOURA KANAMONO
           有限会社 豊浦金物店
Home ご利用案内 商品一覧 FAQ 会社案内 お問い合せ リンク
FAQ
<よくあるお問い合わせQ&A1>
Q 告示第1460号に適合する金物を教えてください。
A Zマーク表示金物であれば仕様規定を満たしているので使用できます。

また告示の中で同等以上の接合方法と書かれておりますので、カネシンオリジナルの接合金物(Z同等認定品)でも使用することができます。
Q 土台部でホールダウン金物を全て座金付ボルトで緊結したいのですか?
A 座金付ボルトは10kN用以下のホールダウン金物にだけ使用できます。
それ以上の耐力を有するホールダウン金物については、図2のようにアンカーボルト(M16)を基礎より直結し緊結しなければなりません。
Q ホールダウン金物を基礎コンクリートから直接アンカーボルト(M16)と緊結する場合、位置出しが非常に難しいです。何か良い方法がないですか?
A カネシンオリジナルの「M16サポート冶具」を推奨します。
ホールダウン金物(S-HDタイフ)直結時の施工基礎巾12o・15ommの基礎巾15ommのL字・T字・十字部(B面を使用)直線部(A面凸部を使用)柱か基礎中心納まりの場合基礎型粋
Q 引き寄せ金物を柱頭でも使用すると聞いたのですが?
A 告示の中では、『軸組の柱の柱脚及び柱頭の仕口』と明記されておりますので、通し柱以外の場合は、引き寄せ金物に限らず基本的に柱脚に使用した同じ金物を柱頒にも使用してください。

  ただし、2階柱脚部分にて必要耐力以トの金物を使用した場合、2階柱頭は告示に従い金物を取り付けてください。  
Q 壁倍率が異なる耐力壁が隣接する場合、真中の柱にはそれぞれに必要とされる柱頭・柱脚の金物を両方しようしなければならないのですか?
A 片方の金物でかまいませんが、壁倍率の高い方の金物を接合してください。
これは、隅角部においても同様です。  


電動工具、エアー工具:日立工機株式会社、株式会社マキタ、マックス株式会社
レーザー機器:日立工機株式会社、株式会社マキタ、株式会社TJMデザイン(Tajima)
建築金物:株式会社タナカ、株式会社カナイ、株式会社カネシン、株式会社 栗山百造 
大工道具(鉋,鑿,玄能,砥石):田斎のみ製作所、石堂輝秀鉋製作所、神田規久夫、正行、土牛

Copyright(C) 2009 TOYOURA KANAMONO CO.,LTD All Rights Reserved.